介護保険のキホン『介護保険制度のしくみ』

介護保険のキホン『介護保険制度のしくみ』

40歳以上なら知ってて当然!?介護保険のキホンシリーズをお届けいたします。
第一弾は

Question. 1
介護保険サービスは、私たちが支払っている介護保険料ですべてまかなわれているのですか?

という疑問に関してお応えしていきます!!
ずばりお応えとしては、

img_columny_rojin_02

【いいえ】です。

介護保険の財源は、私たちが納付した保険料が50%、
国や都道府県、市区町村による公費が50%という内訳になっています。

それでは介護保険制度のしくみを図を使って詳しく確認してみましょう。

img_columny_rojin_01

要チェック

Check Point. 1
介護保険の財源は、被保険者が納付する保険料と、国・都道府県・市区町村による公費でまかなわれています。

Check Point. 2
40~64歳と65歳以上では保険料の金額と支払方法が異なります。

改正ポイント

先行きの不安な現在、私たちの負担はますます増えることが予測されます。
そのため、こまめに情報収集が鍵となってきます。

改正ポイント. 1
介護保険は、およそ5年に1度の割合で制度改正されます(介護報酬は3年に1度)。
今後も、負担増・給付縮小となることが予測されており、改正のポイントを常にチェックしておくことが不可欠です。

改正ポイント. 2
介護保険改正により、2015年8月以降は、負担額は世帯ごとではなく、個人の所得で決められ、一定所得がある人は2割負担となる予定です。
2割負担となる所得基準は、年間の合計所得金額が160万円(単身で年金収入のみの場合、年収280万円)以上で現在進められています。

教えて!たまみ先生!

img_columny_rojin_03

40~64歳ってことは私も介護保険サービスを受けられるの?

40~64歳の人で介護保険サービスが受けられるのは、
特定疾病(※1)により介護が必要と認定された人に限ります。

特定疾病とは?
以下の16の疾病のことを指します。
では詳しくその内容を確認してみましょう。

  1. がん(がん末期)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回介護保険制度のしくみに関して詳しくご紹介いたしました。
負担は増える一方ですので、しっかりと情報収集を行い、老後に備えましょう。

次回は『介護保険サービスの申請から契約までの流れ』をご紹介いたします。

気になる『たまみ先生の誌上相談会』はこちら!!!
以前の総合コラム『40歳以上なら、知ってて当然!?介護のキホン』はこちら!






新築相談
老人ホーム紹介
リフォームのポイント
中古マンション特集
不動産売却応援キャンペーン
スタッフ募集
不動産何でも相談 YAMADA不動産